HOME > WEB製作 > SEO対策 > HTMLの適正化・ポイント
WEB制作
HTMLの適正化
タイトルのつけ方
HTMLの中のHEADの部分 <TITLE>*********</TITLE>の*****にホームページのタイトルが入ります。実際に適当なキーワードを入力して検索結果を見ると一目瞭然ですが、上位にランクされているサイトは、ほとんど必ずタイトルにキーワードが含まれています。例外的にそうでないケースもありますが、それはページランクが他に比べてかなり高い場合のみです。

タイトルのつけ方
キーワードを含んだ文章の位置
ページの出来るだけ上部に記述する必要があります。HTMLですと<body>タグの近くの位置です。

キーワードを含んだ文章の位置
<h>タグをつかう
キーワードを含んだ文章は、<h> タグを使うことで、よりロボットにアピールする事ができます。最近の風説では、この手法が知れ渡って来たので、<h> タグには従来のように高い評価は与えないようになった、との噂がありますが、出所は不明です。現状では、まだ効果的なようです。

<h>タグをつかう
トップページだけでなく、各サイトも最適化する
トップページと繋がっている自分の各サイトは最適化する必要があります。 <TITLE>*********</TITLE>の部分も各サイトとも共通にして おくと、更に効果的です。

各サイトも最適化する
フレームでサイトを構成している場合は、その弱点を補強する
フレームで構成されている場合は、HTMLの中にキーワードに関する記述がありませんので、非フレーム構成に作り直すのがベストですがそうもいかない場合は、<body>のなかにキーワードを含んだ記述が必要です。

サイトの弱点を補強する
リンクの記述を絶対パスで指定する
絶対パスでないとリンクを辿りませんとは書いてありませんが、当社の経験では、絶対パスのほうがロボットが確実にリンクを辿ってくれるようです。

リンクの記述を絶対パスで指定する
SEO対策ポイント
SEOを実践する重要ポイントは以下のとおりです。

■ヒットさせたいキーワードを適切に選定すること。
■ページのタイトルとキーワードを一致させること。
■HTML文書内のキーワード出現頻度を意識して作成すること。
■できるだけシンプルなHTMLの記述を心がけること。
■HTMLをきちんと理解し、正しい文法で記述すること。
■ユーザーの使いやすさ(ユーザビリティ)に配慮すること。

このページのトップへ